小規模多機能型居宅介護とは?

通いサービス(デイサービス)を中心に利用しながら、必要に応じて宿泊サービスや訪問サービスを一つの事業所で受けることができる、セットメニューのようなサービスです。
ご利用になるには、あらかじめ登録すること(当施設では当面15人としています)。富士見市に在住していることが必要です。

地域密着型サービスが受けられる施設のパンフレット  

運営方針

利用者が住み慣れた地域での生活を継続することができるよう、地域の方々との交流や地域活動への参加を図りつつ、利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて、通いサービス、訪問サービス及び宿泊サービスを柔軟に組み合わせることにより、最もふさわしいサービスを提供します。

設備の概要

定員登録22名 通いサービス11名 宿泊サービス5名
食堂空間63.21㎡
居室1室の面積 10.85㎡
浴室移動用リフト付き一般浴槽(ひのきの浴槽)

日常生活サービス

食事の様子通いサービスでは、送迎、食事(昼食)、入浴(任意)、自立支援型排泄介助など細やかな日常生活を支えます。
訪問サービス、宿泊サービスを組み合わせるケアプランを立案作成して地域生活の継続を目指します。

居宅サービス計画の立案

居宅サービス計画(ケアプラン)の立案を行い、本人及び家族の同意に基づいて作成します。

小規模多機能型居宅介護計画(介護予防小規模多機能型居宅介護計画)の作成

利用者の心身の状況、希望及びその置かれている環境を踏まえて立案を行い、本人及び家族の同意に基づいて作成します。

通いサービス

事業所のサービス拠点において食事や入浴、排泄等のサービスを提供します。
  • 食事
    朝食
    7:30~(主食の選択が毎日できます)
    昼食
    12:00~(主菜の選択が毎日できます)
    夕食
    18:00~
    15:00におやつをご用意します。お食事は原則として食堂にておとりいただきます。
    ただし、ご本人の希望及び体調不良時には居室等にて召しあがることも可能です。
  • 入浴
    入浴の介助を行います。但し、心身の状態に応じて清拭や中止させていただく場合があります。入浴サービスの利用は任意です。
  • 排泄
    利用者の心身の状況に応じて適切な排泄介助を行うとともに、排泄の自立に向けた支援を行ないます。
  • 健康チェック
    血圧測定等、利用者の全身状態の把握を行います。
  • 送迎サービス
    利用者の希望により、自宅と事業所間の送迎サービスを行います。

訪問サービス

利用者の自宅にお伺いし、食事や入浴排泄等のサービスを提供します。
訪問サービス実施のための必要な備品等(水道・ガス・電気含む)は無償で使用させていただきます。
訪問サービスの提供にあたって、次に該当する行為は致しません。
  • 医療行為
  • 利用者もしくはその家族からの金銭または高価な金品の授受
  • 飲酒及び利用者もしくはその家族の同意なしに行う喫煙
  • 利用者もしくはその家族に行う宗教活動、政治活動、営利活動
  • その他、利用者その家族に行う迷惑行為

宿泊サービス

事業所に宿泊していただき、食事、入浴、排泄等のサービスを提供します。

余暇活動

お出かけの様子音楽、書道、カラオケやお茶等、週に一回以上の趣味の活動をおこないます。
また、誕生会や納涼祭、敬老会、新年会等の季節行事も楽しみの一つです。

家族や地域との交流活動

納涼祭当法人は、ご家族や地域との交流を大切なものと考え、会報の発行や、交流のための各種の場を設けています。是非一緒にご参加ください。

ご利用について

利用について

  1. 富士見市より介護(要支援以上)認定を受けた方で、当施設指定の利用申込書に必要事項を記入し、お申込みください。
  2. 利用前に事前面接(家庭訪問)を行います。その後、当施設での受入れが決定した場合は契約となります。契約の有効期限は介護保険認定期間と同じです。但し、引き続き認定を受け、利用者又はご家族から契約終了の申し出がない場合は、自動的に更新されるものとします。

契約の終了について

  1. 利用者はいつでも申し出ることにより、この契約を解除することができます。
  2. 施設は次の事由に当てはまる場合、利用者に対して、文書で通知することにより、この契約を解約することができます。
    • 利用者のサービス利用料金の支払いが、正当な理由なく連続して3カ月以上遅延し、料金を支払うよう催告したにもかかわらず14日以内に支払われない場合
    • 利用者が、施設や施設職員又は他の利用者に対して、この契約を継続しがたいほどの背信行為を行い、その状態が改善されない場合
  3. 利用者が要介護(要支援以上)の認定の更新で、被該当(自立)と認定された場合、所定期間の経過をもってこの契約は終了します。
  4. 次の事由に該当した場合は、この契約は自動的に終了します。
    • 利用者が介護保険施設に入所した場合
    • 利用者が死亡した場合
    • やむを得ない事情により施設を閉鎖する場合

利用時の留意事項

  • 面会時間は9:00~19:30です。それ以外の時間についてはご相談ください。
  • 外泊・外出時は届出書に必要事項をご記入のうえ、前日までに提出をお願いします。
  • 飲酒は原則として夕食時間にお願いします。
  • 喫煙は決められた場所でお願いします。
  • 持ち込みに関しては居室の整理ダンスに収納できる範囲でお願いします。
  • 利用中、病院での受診が必要になった際には、原則ご家族での対応をお願いいたします。また診療結果、処方薬等については職員にお申し出ください。
  • 金銭・貴重品は原則として利用者の責任において管理していただきます。必要以上の金銭・貴重品の持ち込みについてはご遠慮ください。
  • 施設内で他の利用者に対する宗教活動や政治活動はご遠慮下さい。
  • ペットの連れ込みはお断りします。
  • 健康上のことがありますので、食べ物の持ち込みについては職員にお尋ね下さい。

ご利用負担金について

ご利用になるには介護保険の自己負担額とオプショナルな個人サービス費が必要です。
詳しくは下記PDFをご覧ください。

ご負担料金(小規模多機能型居宅介護)

職員・勤務体制

職種現職員指定基準勤務時間
管理者1.01
日勤
8:45~17:45
夜勤
16:20~9:50
介護職員6.85
看護職員0.6必要数
介護支援専門員1.01

提携病院

みずほ台病院

所在地埼玉県富士見市西みずほ台2-9-5
TEL049-252-5121
診療科目内・外・脳・歯

運営推進会議

ひだまりの庭むさしのでは2か月に1回、運営推進会議を設置しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

運営推進会議 会議録(情報公開)

サービス内容に関する相談・苦情窓口

当施設内における相談・苦情窓口

地域支援課長 細川 信吾月曜日~金曜日 9:00~17:00
TEL:049-275-6300
E-mail:hosokawa@f-musashino.jp
オンブズマン 浦尾 和江(大学助教授)FAX:042-735-7952
オンブズマン 塚田 小百合(弁護士)FAX:042-252-8200
オンブズマン 矢野 知彦(大学講師)FAX:048-878-3620

※ 不定期にて1人のオンブズマンが施設窓口を設置しています。(年間6回実施)

行政機関その他相談・苦情受付機関

富士見市高齢者福祉課月曜日~金曜日 9:00~17:00
TEL:049-251-2711
埼玉県国民健康保険団体連合会 苦情相談係月曜日~金曜日 9:00~17:00
TEL:048-824-2568

もっと詳しい内容は重要事項説明書をご覧ください。

重要事項説明書(小規模多機能型居宅介護)